ハンドボールで男子は国学栃木、女子は栃商V ともに20年連続 栃木県高校新人スポーツ

 県高校新人スポーツは14日、栃木市総合体育館ほかでハンドボールや弓道などを行い、ハンドボール男子は国学栃木が20年連続39度目、女子の栃商も20年連続25度目の栄冠をつかんだ。

 ハンドボール男子の国学栃木は決勝リーグで石橋と全勝対決。序盤は石橋にリードを許したが、前半16分に逆転。そこから点差を広げて28−12で勝利した。女子の栃商は31−21で小山西を下し、リーグ戦4戦全勝で頂点に立った。

 弓道女子団体は作新Bが24射19中で優勝。個人は半田(はんだ)まゆか(作新)が8射皆中で女王となった。サッカーは1回戦を行い、前回王者の真岡がPK戦の末、大田原に敗れた。