つり橋の青と紅葉のコントラストが楽しめる宇都宮タワーからの眺め

開通式を前に最終確認で照明が付けられたつり橋=1999年3月(森田課長撮影)

下から見ると、耐風索やワイヤがあるのが分かる

つり橋の青と紅葉のコントラストが楽しめる宇都宮タワーからの眺め 開通式を前に最終確認で照明が付けられたつり橋=1999年3月(森田課長撮影) 下から見ると、耐風索やワイヤがあるのが分かる

 約800本の桜があり、花見の名所として知られる宇都宮市の八幡山公園。実はこの公園には意外な“日本一”がある。

 12月初旬、公園内のつり橋「アドベンチャーブリッジ」を渡った。揺れにワクワクしながら、橋の真ん中で立ち止まると、市街地から茨城県の加波山まで広がる景色に息をのむ。

 「初日の出がよく見える知る人ぞ知る穴場スポットなんだよ」。案内人の渡辺悦朗(わたなべえつろう)園長(71)がこっそりと教えてくれた。