男子・金子が初優勝、女子は久々江連覇 高校回転 アルペン栃木県高校総体など

 アルペンスキーの県高校総体と県中学総体、県学童大会第1日は10日、那須塩原市のハンターマウンテン塩原で男女の回転を行った。高校男子は金子竣哉(かねこしゅんや)(足工大付)が1分28秒37(2本合計)で初優勝し、女子は久々江涼花(くぐえすずか)(同)が1分37秒37で連覇を果たした。中学男子は君島王羅(きみしまおうら)(塩原小中)が3連覇、同女子は松田弥咲妃(まつだみさき)(野崎)が初優勝。学童5、6年の部は男子が君島志音(きみしましおん)(塩原小中)、同女子は町井友香(まちいゆうか)(小貝)がそれぞれ初の頂点に立った。

 ◆ WEB写真館はこちら

 大会最終日は11日、同会場で大回転を行う。高校男女の上位4選手は2月4~8日、岐阜県高山市のほおのき平スキー場で行われる全国高校総体(インターハイ)に出場。中学男女も上位4選手が同月8~11日、秋田県鹿角市の花輪スキー場で開かれる全国中学大会に出場する。