バスケットボールの第70回全日本大学選手権記念大会(インカレ)第4日は13日、東京・大田区総合体育館ほかで行われ、女子の白鴎大(関東2位)が準々決勝で専大(同5位)を73-65で下してベスト4に進出した。男子の白鴎大(関東6位)も法大(同12位)に91-78で快勝し、8強入りした。

 女子の白鴎大は高さを生かした攻撃で7点リードで前半を折り返したが、第3クオーターに連続失点を喫して逆転を許した。しかし、最終クオーターはフリースローをきっちり決め、再逆転して熱戦を制した。

 男子の白鴎大は素早い攻守の切り替えから連続得点し、試合を優位に展開。センター陣を中心に得点を重ね、追いすがる法大を突き放した。

 大会第5日は14日、同会場ほかで女子準決勝と男子準々決勝などを実施。女子の白鴎大は東京医療保健大(関東3位)と、男子の白鴎大は専大(同3位)と対戦する。