栃木県版の技能五輪を 福田知事が表明、「IoT推進ラボ」も設置

栃木県版の技能五輪を 福田知事が表明、「IoT推進ラボ」も設置

 福田富一(ふくだとみかず)知事は10日、宇都宮市内で開かれた「しもつけ21フォーラム」(下野新聞社主催)1月例会で講演し、2018年度に高校生など若者向けの県版技能五輪を創設する考えを表明した。17年秋の「技能五輪全国大会」の成功を受け、ものづくり産業の振興、裾野拡大を目指す。また、IoT(モノのインターネット)など技術革新が加速する中、「とちぎIoT推進ラボ(仮称)」を設置し、導入を検討する県内企業を支援する方針も示した。

 17年11月に県内で初開催された技能五輪では、金賞4人を含む32人が入賞するなど好成績を収めた。講演で福田知事は「本県産業を担う若者の技能向上に向け大きな成果を残した。こうした成果を一過性のものとせず、レガシー(遺産)として継承していく」と述べた。

 県版技能五輪は、県が毎年開催している「とちぎものづくり技能競技大会」をリニューアルし、対象者や競技数を増やす。さらに技能に触れる機会の少ない小中学生を対象に、ものづくり体験、職業体験イベントも同時開催する。

 本県は県内総生産に占める製造業の割合が全国3位と、全国屈指の「ものづくり県」であることから、若手技能者が切磋琢磨(せっさたくま)できる県版技能五輪を通じ、産業人材の育成につなげたい考えだ。

 「IoT推進ラボ」は、導入を検討する企業などの相談にワンストップで対応する。