加州清光らの刀剣展示 史跡足利学校で2月2日から

 【足利】江戸時代の刀工加州清光(かしゅうきよみつ)と大和守(やまとのかみ)安定(やすさだ)、源景国(みなもとのかげくに)が作ったとされる刀3振りの特別展示会が2月2~25日、昌平町の史跡足利学校で開かれる。いずれも初公開で、さやや装飾品も展示する。清光と安定は、擬人化した刀剣を集める人気ゲーム「刀剣乱舞」に登場する刀も鍛えた刀工。昨年の刀剣展「山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)展」ではゲームの女性ファンらが全国から殺到しており、地元の商業関係者は街なかの回遊増加にも期待を寄せている。

 展示品のうち、清光は全長86・9センチ。「清光作」と銘が刻まれ、装飾が施されたさやも見ることができる。安定は全長107・6センチと最も大ぶりで、江戸時代中期のものとみられる赤いさやが付いている。

 景国は1862年に作られ、「晴雲斎源景国(せいうんさいみなもとのかげくに)」と刻まれている。同時期に足利学校で脇差しを作刀しており、今回の展示品も同学校で制作した可能性が高いという。

 展示会は、坂東武者に扮(ふん)した市民らが市内を練り歩く「節分鎧(よろい)年越」など、さまざまなイベントを実施する「足利冬物語」の一環。昨年3~4月に市立美術館で開かれた山姥切国広展に感化された所有者2人が、同学校に貸与を申し出て実現した。