経口摂取で糖尿病改善 希少糖作用の仕組みを解明 自治医大など研究チーム

経口摂取で糖尿病改善 希少糖作用の仕組みを解明 自治医大など研究チーム

 自然界に少量しか存在しない希少糖「アルロース」の口からの摂取で肥満や糖尿病などが改善されるメカニズムを、自治医大医学部生理学講座統合生理学部門の矢田俊彦(やだとしひこ)教授と岩崎有作(いわさきゆうさく)講師らの研究チームが9日までに、マウスを使った実験で解明した。アルロースが腸ホルモンを分泌させ内臓感覚神経を通じて脳を刺激し、食欲や食後の血糖上昇を抑えるなどの効果が確認された。今後、臨床試験を経て、食事療法や創薬への応用が期待される。

 香川大や北海道大、カナダのトロント大との共同研究。英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に9日付で発表した。

 研究チームによると、アルロースは砂糖と同程度の甘みがあるのにカロリーはゼロ。肥満や糖尿病の改善効果があると注目され量産も進んでいるが、詳しいメカニズムは不明だった。

 研究は2012年10月ごろに開始。アルロースを空腹状態のマウスに口から飲ませてその後の食事量を調べるなどの実験で、摂食の抑制、インスリンの分泌や作用が増強され食後の血糖上昇抑制の効果が見られた。

 別の実験で、アルロースを経口摂取した場合、腸内ホルモン「GLP−1」の分泌が促され、腸や肝臓にある求心性迷走神経(内臓感覚神経)を通じて、脳を刺激しているメカニズムも分かった。

 また、肥満のマウスにアルロースを10日間投与して摂食のパターンを調査。本来食事をしない時間帯の無駄食いが抑えられて摂食リズムが是正され、脂肪肝の改善が確認された。

 岩崎講師は「過食、肥満、糖尿病を改善する成果を、マウスを使った実験で証明できた」と強調。経口摂取は注射より負担が少ないとされ、矢田教授は「食事療法や創薬への応用が期待される。5年ぐらいで実現できるのではないか」と話している。