生徒たちに読み聞かせするメンバー(奥)

 【真岡】今春閉校になった東沼小の保護者グループ「東沼小読み聞かせ会」が、今も小中学校向けの活動を続けている。同校の活動で生まれた絆、経験がベースとなり、地域の子どもに気付きを提供し育む取り組み。同校卒業生の通う山前中で11月末、認知症をテーマにした絵本の読み聞かせを行った。

 会は2013年、東沼小に通っていた児童の母親たちがスタートした図書ボランティアが始まり。