日光東中2連覇 小学生の部は清滝が準優勝 アイスホッケー関東少年選手権

日光東中2連覇 小学生の部は清滝が準優勝 アイスホッケー関東少年選手権

 第43回関東少年アイスホッケー選手権大会最終日は8日、日光霧降アイスアリーナで決勝などを行い、中学生の部決勝で日光東が4−1で埼玉ジュニア(埼玉)を下して2連覇を飾った。小学生の部は清滝ドラゴンが準優勝だった。

 日光との地元対決を制して決勝に進んだ日光東は第1ピリオド4分、パワープレーでFW上野鉄平(うえのてっぺい)が先制ゴール。第2ピリオド2分に一時同点とされたが、直後にFW寺内改新(てらうちかいしん)がリバウンドを押し込んで勝ち越しに成功した。

 清滝ドラゴンは3試合連続の快勝で、6年ぶりに決勝に進んだ。しかし決勝では西武ホワイトベアーズ(東京)の猛攻に苦戦。第2ピリオド9分にDF松永昂大(まつながこうだい)が1得点を挙げたが、1−11で敗れた。