鹿沼で出初め式、圧巻の一斉放水で防火呼び掛け

鹿沼で出初め式、圧巻の一斉放水で防火呼び掛け

 【鹿沼】新春恒例の市消防出初め式が8日行われ、消防団員や市消防本部職員ら約720人が市内をパレード、黒川河川敷で一斉放水を披露し、市民に防火を呼び掛けた。

 各消防分団員らは古峯原(こぶがはら)宮通りで分列行進。先頭の鹿沼鳶(とび)工業組合のメンバーが木やりの音頭に合わせ、まといを高く振りかざし、続いて手作りのミニまといを手にした市婦人防火クラブ、分団員らが観閲台に敬礼をしながら進んだ。

 一斉放水は黒川の朝日橋南側で行われ、10台のポンプ車が豪快に水柱を上げ、見守った市民の目をくぎ付けにした。