U字工事も「冷静な通報」呼び掛け 「110番の日」前に大田原署がイベント

U字工事も「冷静な通報」呼び掛け 「110番の日」前に大田原署がイベント

 【大田原】10日の「110番の日」を前に大田原署は8日、110番の適切な使用を呼び掛けようと、美原1丁目の東武宇都宮百貨店大田原店で広報活動を行った。

 渡辺真(わたなべまこと)署長をはじめ署員、あさか交番連絡協議会員計約20人が参加した。啓発用ティッシュや文房具などを来店者に配ったほか、通報体験コーナーも設置。参加者はひったくりに遭った場合など緊急事態を想定して110番し、実際に県警本部通信司令室とやりとりしながら手順を学んだ。

 また同店でこの日、お笑いライブを行っていた市ゆかりの漫才コンビ「U字工事」が昨年に続き飛び入りで参加。「聞こえにくいので移動しながら話さないように」などと、110番する際の注意点を展示したパトカーの拡声器を使って来店者に呼び掛けた。