天明鋳物の「さのまる像」駅前に DCで佐野、官民一体の取り組み

 【佐野】4~6月に県内で展開される大型観光企画「本物の出会い栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」で、佐野実行委員会は7日までに、天明鋳物製の佐野ブランドキャラクター「さのまる」像を佐野駅前に設置するなど市内のキャンペーン内容を明らかにした。

 市では昨年2月、観光団体や商工会議所、農協、金融、交通関係の34人で実行委員会を組織。協議を重ね、キャンペーンの概要を決めた。キャッチコピーはDCに掛けて「Dramatic City SANO」。佐野をドラマチック(ストーリー仕立て)にPRする。

 目玉として、さのまるを市が誇る伝統工芸・天明鋳物で制作し、佐野駅前のランドマークとする。高さ約60センチ、台座を含めると約170センチで、亀井町の栗崎鋳工所(栗崎二夫(くりさきつぎお)代表)が手掛ける。

 DC期間中は土、日、祝日限定で、同駅改札前に臨時の土産販売所を出店。さのまるグッズやラーメン、佐野ブランド品を中心に販売する。

 そのほか、天明鋳物の歴史散策と制作体験、山城サミットで知名度が上がった唐沢山ハイキング企画などを行う。