今年、ラジオ体操誕生90年 だれでも手軽に、健康寿命で注目【動画】

今年、ラジオ体操誕生90年 だれでも手軽に、健康寿命で注目【動画】

 ラジオ体操は今年、誕生して90年になる。「いつでも、どこでも、だれでも気軽に取り組める」(NPO法人全国ラジオ体操連盟)体操は今も老若男女に親しまれ、県内でも朝の公園で、職場で、おなじみのメロディーに合わせて多くの人が体を動かしている。近年は健康寿命を延ばすきっかけとして、改めて注目されている。

 宇都宮市本丸町の宇都宮城址(じょうし)公園には毎朝、多い時は40人、2~85歳と幅広い年齢の仲間が集まり、体操に励んでいる。

 同市旭2丁目、自営業工藤百合子(くどうゆりこ)さん(68)もその1人。「健康づくりのために何かしたいと考えた時、手軽に誰でもできるラジオ体操はぴったりだった」と約5年前、公園に通い始めた。「近所の方とのコミュニケーションの場にもなっている」と、効果は体力づくりに限らない。

 全国ラジオ体操連盟などによると、ラジオ体操は1928年11月、NHKラジオで放送が始まった。子どもたちを対象にしたラジオ体操会は30年夏に始まり、夏休みの朝の風物詩として長く親しまれてきた。

 始業前に取り入れている事業所も多い。佐野市役所は少なくとも40年以上、始業前にあのメロディーを流している。同市は2011年、県内自治体で初めて「ラジオ体操優良団体等表彰」(かんぽ生命保険主催)の全国表彰も受けた。

 栃木市や真岡市も17年、職員にラジオ体操を取り入れた。背景にあるのは「市民の健康寿命の延伸」。職員が率先して体操を行うことで、市民に運動の習慣化を呼び掛ける狙いがある。

 同連盟認定の1、2級ラジオ体操指導士らでつくる県ラジオ体操連盟の柳田利夫(やなぎたとしお)会長(69)は「頭から足先まで、普段使わない筋肉や内臓も刺激でき、理にかなった運動。健康に長生きするのにつながる」と話す。宇都宮市内の朝の公園などを巡り、普及活動を約20年間続けてきた柳田会長。早くも誕生100年を見据え、「ラジオ体操の実践で、健康に過ごせる人を増やしていきたい」と意気込んだ。