戌年に「出会い」待つ犬 栃木県動物愛護指導センター

 2018年は戌(いぬ)年。時に犬は家族として人に迎えられ、また、使役犬としても、人の目や鼻、耳の代役を担う。県動物愛護指導センター(宇都宮市今宮4丁目)には“出会い”を待つ犬がいる。飼い主となる条件は、事前講習を受けて譲渡会に参加すること。「模範的な飼い方ができる人が増えてくれれば・・・」。センターの職員は願いを込める。