JR東日本によると、12日午前6時45分ごろ、JR日光線の日光駅構内で、日光発宇都宮行き上り普通電車が、パンタグラフに木の枝が絡んでいたため一時運転を見合わせ、同7時29分に後続の電車が運転を再開した。

 1本が1時間34分遅れ、約500人に影響した。