LRT路線周辺、道路整備を2年前倒し 栃木県 工事による渋滞想定

 宇都宮市と芳賀町が進める次世代型路面電車(LRT)事業の施行工事に伴う渋滞を想定し、県は周辺3工区で実施中の道路整備を2年前倒して2019年春に完了させることが、29日までに分かった。当初は21年春の完成を予定していたが、LRT事業は早ければ17年度中の着工も見込まれるため、周辺道路の供用開始を早めて渋滞緩和を図る考えだ。

 前倒しするのは、県道宇都宮向田線(通称・宇都宮テクノ街道)と同市平出町の新4号国道を結節する交差点整備など0・6キロ(平出板戸工区の一部)、テクノ街道と芳賀・高根沢工業団地を結ぶ1・6キロ(大塚工区)の片側2車線道路、同市野高谷町から同市板戸町までを暫定2車線化する国道408号宇都宮高根沢バイパス(6・6キロ)の2・6キロ(2期工区)の3工区。

 LRTの工事が本格化すると車線規制や工事車両の往来が増え、工業団地通勤者や地元住民が利用する県道宇都宮向田線(通称・柳田街道)の交通量が増えることが見込まれる。