アルパカの接客に癒やされる観光客

アルパカの接客に癒やされる観光客

動物たちの入社式

アルパカの接客に癒やされる観光客 アルパカの接客に癒やされる観光客 動物たちの入社式

 【那須】高久丙のホテルエピナール那須で11日、「冬季臨時職員」として那須どうぶつ王国のアルパカなどの入社式が行われた。

 東日本大震災の影響で利用客が減った2011年に開始し、現在は冬季の那須の観光を盛り上げ、冬季の観光客を癒やそうと毎年実施している。

 今季はアルパカ1頭と垂れた大きな耳が特徴のウサギ3匹を採用。アルパカは「ドアマン」として玄関前で観光客を迎え、ウサギはロビーで客と触れ合う。

 動物たちから「接客」を受けた福島県白河市みさか1丁目、主婦太田真紀(おおたまき)さん(57)は「かわいい動物がいて驚いた。癒やされます」と満足そうだった。

 出勤は火曜、木曜の午後2~4時。アルパカ、ウサギのどちらかが登場する。3月14日まで。(問)同ホテル0287・78・6000。