国学栃木、逆転で初戦突破 全国高校ラグビー

 第97回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、1回戦8試合を行った。本県代表で18年連続23度目の出場となった国学栃木は高鍋(宮崎)に24−15で逆転勝ち、初戦を突破した。

 国学栃木は前半4分と18分にトライなどを許して0−12と苦しい立ち上がりを強いられた。前半終了間際にパスを受けたWTB竹ノ内建太(たけのうちけんた)がゴール10メートル手前からマークを振り切って左中間にトライ。5−12で前半を折り返した。

 後半は12−15の21分に、ゴール手前のモールから展開し、CTB石川輝(いしかわひかる)が逆転トライ。さらに同28分にもモールからWTB近藤優大(こんどうゆうと)が抜けてトライを決めてだめを押した。

 国学栃木の2回戦は30日午前11時半から、国学院久我山(東京第2)と対戦する。