男子・佐野日大が19位 女子は白鴎足利24位 全国高校駅伝

男子・佐野日大が19位 女子は白鴎足利24位 全国高校駅伝

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会は24日、京都市の西京極陸上競技場を発着点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで開かれ、男子の佐野日大は2時間7分50秒で19位、女子の白鴎足利は1時間11分29秒で24位だった。

 男子の佐野日大は1区で22位と出遅れたが、2区の2年生方竣也(うぶかたしゅんや)が順位を二つ押し上げ、5区の主将・人見昂誠(ひとみこうせい)は区間9位の走り。20位でたすきを受けた7区の1年栗原遼大(くりはらはると)も粘りを見せ、昨年の順位を三つ上回る19位でフィニッシュした。

 女子の白鴎足利は1区で先頭から1分18秒差の27位と遅れると、2区でも下り区間でスピードに乗れず29位に後退。しかし3区の飯塚唯(いいづかゆい)が区間14位の走りで27位まで盛り返すと、アンカー5区の2年増子萌絵(ますこもえ)が3人抜きの力走を見せた。

 男子は前回覇者の倉敷(岡山)との競り合いの末に佐久長聖(長野)が2時間2分44秒で9年ぶり2度目の優勝。女子は、2区のエカラレが区間記録を2秒上回る12分25秒の好走で流れをつかんだ仙台育英(宮城)が1時間6分35秒で23年ぶり3度目の頂点に立った。