「つい消したくなる」スイッチ考案 宇大・糸井川助教 環境省コンテストで入賞

「つい消したくなる」スイッチ考案 宇大・糸井川助教 環境省コンテストで入賞

 【宇都宮】宇都宮大地域デザイン科学部の糸井川高穂(いといがわたかほ)助教(35)=環境工学=が考案した、「つい消したくなる」という照明用のスイッチが、環境省のコンテスト「COOL(クール) CHOICE(チョイス) LEADERS(リーダーズ) AWARD(アワード)」で入賞した。県内からは唯一の入賞。スイッチにひと工夫を施すことで、省エネ行動を誘発するデザインになっている。

 糸井川さんが応募したのは「思わず消しちゃう照明スイッチ」。スイッチに人の顔を描いたテープを貼り付け、スイッチをオフにすると絵がぴったりと合わさる仕組みだ。省エネ意識の度合いにかかわらず、ついスイッチを押してしまう、認知心理学を採り入れたデザインだという。

 糸井川さんは、健康で快適な建築空間の構築などを研究している。快適さと省エネの両立を考える中で、エアコンなどのハード自体の効率化だけでなく、リモコンやスイッチなどの操作部分に手を加えることで、省エネにつなげられないかという問題意識から、今回のスイッチを考案した。

 今回のスイッチは、特別審査員を務めた人気漫才コンビ「爆笑問題」の田中裕二(たなかゆうじ)さんが選ぶ「田中賞」の一つに選ばれた。田中さんは「とても面白い角度からエコにつながる方法を考え出したなあと、感心させられました」などと評価した。