栃木SC横山監督が続投 3季目へ継続性生かす

 サッカーJ3で2季指揮を執った栃木SCの横山雄次(よこやまゆうじ)監督(48)がJ2復帰初年度の来季も続投することが19日、分かった。クラブからの続投要請を同日までに受け入れた。下野新聞社の取材に、橋本大輔(はしもとだいすけ)社長は「3季目という継続性のメリットがある。2年間つくり上げてきたものをさらに伸ばし、チャレンジャーとして最大限の努力を期待している」と話した。

 横山監督はJ1湘南のヘッドコーチなどを経てJ3に降格した2016年シーズンから栃木SCを指揮。昨季は入れ替え戦の末にJ2昇格を逃したが、今季はリーグ戦13戦負けなしを記録するなど好成績を残した。チームは最終盤まで首位争いを繰り広げ、通算16勝12分け4敗、勝ち点60の2位で3季ぶりにJ2へ復帰を決めた。