元県議会議長の会社役員青木克明(あおきかつあき)氏(66)=矢板市長井=は8日、下野新聞社の取材に対し、来春の県議選矢板市選挙区(定数1)に無所属で立候補する意向を明らかにした。

 青木氏は自民党県連の顧問を務めていたが、「県議会で議長までやらせてもらったし(県連に)迷惑をかけたくなかった」と7日付で同県連に離党届と顧問の辞任届を提出したという。同県連は矢板市選挙区で現職守田浩樹(もりたひろき)氏(64)を1次公認している。