琴や折り紙に子ども挑戦 小山、白鴎大で住民講師に

 【小山】「キッズあつまれ ドキドキ教室」が17日、大行寺の白鴎大本キャンパスで行われ、幼稚園児や小学生約35人が琴演奏や折り紙作りなどに挑戦した。

 地域の人を講師に、子どもたちがさまざまな活動を体験し将来の夢につなげてもらおうと、同大箏曲部が初めて主催した。独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」の一環。

 琴演奏は宮本町3丁目、山田流箏曲教授丹野井弘寿(たんのいこうじゅ)さんを講師に、同大箏曲部の学生の協力も得て琴の構造や曲を指導。子どもたちは興味津々な表情で「きらきら星」などに取り組んだ。