バックス逆転負けで4位 日本製紙に1−2 全日本IH選手権

バックス逆転負けで4位 日本製紙に1−2 全日本IH選手権

 アイスホッケーの第85回全日本選手権大会最終日は17日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝などを行い、3位決定戦に臨んだHC栃木日光アイスバックスは1−2で日本製紙に逆転負けし、4位に終わった。

 バックスは序盤からミスを繰り返す苦しい展開となった。第1ピリオドは2度のパワープレーを生かせなかったが、15分30秒にFW斎藤毅(さいとうたけし)のゴールで先制に成功した。

 しかし、その後は攻撃がかみ合わず、第2ピリオドは計6分間のパワープレーで追加点を奪えなかった。すると流れは相手に傾き、第3ピリオド9分にパスミスからのカウンター攻撃を受けて同点弾を喫した。さらに終了間際の19分59秒、自陣ゴール前の混戦でルーズパックを押し込まれた。

 バックスは23、24の両日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで王子とのアジアリーグ今季最終の2連戦に臨む。