エコノミクス甲子園栃木大会、宇都宮高チームが優勝 金融経済の知識、25チームが競う

 県内の高校生が金融経済の知識を競うクイズ大会「エコノミクス甲子園」栃木大会(足利銀行主催)が17日、宇都宮市桜4丁目の足利銀行本店で開かれた。県立、私立の8校から過去最多の25チーム50人が参加。宇都宮高のチーム「シシャモックス」が優勝した。来年2月に都内で開かれる第12回全国高校生金融経済クイズ選手権に出場する。

 栃木大会は5回目。2人1組で筆記と早押しクイズに挑戦し、合計点で宇都宮高の4チームと佐野高の2チームが決勝に進んだ。

 10問の資産運用クイズは、各チーム100万円の持ち資産との設定でスタート。正解・不正解で資産が大きく変動する「運用」か、リスクが少ない「預金」かを選択した上で問題に回答し、最終的な資産額を競った。