栃木GB選手が授業 壬生・羽生田小

栃木GB選手が授業 壬生・羽生田小

 【壬生】ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブス(GB)の選手たちが15日、羽生田小を訪れ、子どもたちにスポーツの楽しさや夢を抱くことの大切さを伝えた。

 同球団の地域貢献活動の一環。山崎貴之(やまざきたかゆき)内野手(22)と中村恵吾(なかむらけいご)投手(28)が訪問し、全校児童29人と交流を楽しんだ。

 体育ではボールを遠くまで投げるこつを伝授。ボールの握り方や足の踏み出し方などのアドバイスを受けた子どもたちは早速実践。中村投手が“大遠投”を披露すると、大きな歓声が沸き起こった。