リーベ栃木、悲願の1部昇格 ホッケー男子日本リーグ 入れ替え戦で勝利

リーベ栃木、悲願の1部昇格 ホッケー男子日本リーグ 入れ替え戦で勝利

 ホッケー男子日本リーグ2部2位のリーベ栃木は16日、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園第1球技場で1部5位の小矢部(富山)と入れ替え戦を行い、サッカーのPK戦に当たるシュートアウト(SO)戦の末に勝利し、創部3年目で初の1部リーグ昇格を決めた。

 試合は両者譲らず、0−0のまま5人ずつがシュートを行うSO戦に突入した。リーベは3人が決める一方、GK高瀬克也(たかせかつや)が好セーブを披露し、3−1で競り勝った。

 リーベは栃木ホッケークラブを母体に2015年創部。昨季は入れ替え戦の末、2部に残留。今季は戦力を充実させ、単独チームで臨んだ10月の愛媛国体成年男子では、同種別で県勢初の優勝を果たしていた。