成人式に向け着付け師が練習会 宇都宮【動画】

成人式に向け着付け師が練習会 宇都宮【動画】

 来年の成人の日まで1カ月を切った12日、宇都宮市大通り1丁目の着物店「しゃなり」で、着付けの練習会が行われた。

 着付け師ら32人が着付け担当とモデル役に分かれ、仕上がり時間を15分に設定して作業を開始。完成後は、新成人らしい華やかさと若々しさを演出できるよう、襟合わせの位置や躍動感のある帯の結び方などを確認した。

 マネジャーの若林千夏(わかばやしちなつ)さん(45)は「一生に1度の晴れ着。良い思い出をお手伝いできるよう万全な準備で臨みます」と話した。

 県内市町の成人式式典は1月3日と7日に行われる。同店では2日間で計400人に着付けるという。