ブレックス2連勝 渡辺復帰、横浜に競り勝つ B1リーグ

 男子バスケットボールB1第11節は10、11の両日、各地で計7試合を行った。東地区の栃木ブレックスは神奈川県のトッケイセキュリティ平塚総合体育館で中地区最下位の横浜と2連戦を行い、10日は78−70、11日は86−67で2連勝した。通算成績は10勝11敗で順位は東地区最下位で変わらない。

 10日は4−10とされた第1クオーター5分、11月下旬に現役復帰した渡辺裕規(わたなべひろのり)が今季初出場し、3点シュート3本などこのクオーターで11得点。24−11と逆転すると、第2クオーター以降も終始リードを保った。

 11日は16−14で迎えた第2クオーターに遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)やセドリック・ボーズマンの得点で43−35とリード。第3クオーターは連続失点で一時逆転されたが喜多川修平(きたがわしゅうへい)の3点シュートで盛り返した。59−57で迎えた最終クオーターに遠藤の連続得点やボーズマンのダンクシュートで突き放した。