大谷資料館に「クールジャパン」のお墨付き 外国人が審査、京都の団体から表彰

 【宇都宮】大谷石の地下採掘場跡を公開している大谷町の大谷資料館はこのほど、世界が共感する日本の魅力的な「モノ」や「コト」を認定する「クールジャパンアワード2017」を県内で初受賞した。

 外国人100人の審査で、大谷石採掘の歴史的経緯や視覚に訴える迫力・美しさが評価された。同館では英語の案内表示を近く掲示する予定もあり、海外からの来訪者増につながることを期待している。

 主催は一般社団法人クールジャパン協議会(本部・京都市)。同協議会は11年に発足し、日本人が普段気付かずにいる日本の魅力を海外に発信している。