自動車教習所でドローン講習 小山【動画】

自動車教習所でドローン講習 小山【動画】

 自動車教習所のコースなどを利用し、小型無人機「ドローン」の講習が受けられる珍しい取り組みが話題を呼んでいる。少子化や若者の車離れの影響で教習所の収益が減る中、新しいビジネスチャンスにすることが狙いだ。

 ドローン講習を7月から始めた小山自動車教習所(小山市大行寺)。卒業生は10年前の7割程度にまで減少、危機感を持った同教習所が「小山ドローンスクール」を9月に開校した。自動車教習が休みの月曜日にドローン講習を実施。内容は4日間で、牛久則明(うしくのりあき)校長(69)と2人の教官から航空法や操作方法を学ぶ。受講者は建設業者や個人が多く、これまで計11人。料金は27万円ほどで、受講後は「無人航空機操縦技能」などの証書が配布される。

 教習所は教室や障害物がある広い敷地は講習に最適で、車の教習者へのドローン講習のPRも期待できる。牛久校長は「災害や宅配などでの活用も多く、講習の需要は増えていくと思う」と話す。

 11日は県内から2人が受講し、空中で止まるホバリングなどの実技実習を行った。足利市から受講した40代の会社員男性は「全国で事故なども起きているので正しい知識を身に付けたい」と話していた。