社会人野球の全足利クラブは6日までに、2010年から9年間指揮を執った後藤康友(ごとうやすとも)監督(59)の退任と椎名博士(しいなひろし)氏(44)の新監督就任を発表した。

 後藤監督は作新高-立正大。全足利には1983年に入団し、内野手として9年間プレー。その間、主将も務めるなど5度の全日本クラブ選手権大会優勝に貢献した。監督としては2014年に36年ぶりの都市対抗本戦出場に導いた。