おもちゃ団地バザール始まる 壬生、10日まで【動画】

おもちゃ団地バザール始まる 壬生、10日まで【動画】

 クリスマスを前に、おもちゃを市価より安く販売する恒例の「第46回おもちゃ団地チャリティーバザール」(おもちゃ団地協同組合など主催)が9日、壬生町おもちゃのまち3丁目の同団地グラウンドなどで始まった。10日まで。

 組合に加盟するタカラトミーやバンダイ、エポック社などの20企業グループ・団体が47ブースを出店し、おもちゃや縫いぐるみなどを販売。団地加盟社のPRブースも初めて設けられた。

 9日午前9時の開門前には多くの家族連れが列を作った。品定めしながら買い物をしたり、アトラクションを楽しんだりした。

 家族で訪れた同町おもちゃのまち2丁目、保育園年中外丸愛梨(とまるあいり)ちゃん(5)はキャラクターグッズを手に「お買い物やショーが楽しかった」と笑顔で話した。

 収益の一部は社会福祉費として同町へ寄付される。