野木町直営となることが決まった町文化会館エニスホール

 【野木】町は6日、指定管理者制度で管理運営してきた町文化会館「エニスホール」を、2019年4月1日から町直営とすることを決めた。行政改革の流れで公共施設の指定管理が進む中、異例の措置。指定管理者の町施設振興事業団は12年に公益財団法人となったが、利用料などの売り上げに消費税が課せられるなど「メリットがなくなった」と判断。町営とすることで「町民のニーズに即応力をもって柔軟に対応する」としている。

 同会館運営条例改正案を6日開会の12月定例町議会に提出し、全会一致で可決された。