テレワークのオフィスが整備されるとちぎ蔵の街観光館北蔵

 【栃木】市は新たな子育て支援策として、子育て中の女性らを対象とした動画制作などのテレワークのスキルを身に付ける養成講座を、来年3月から開く。県内初の試みで、妊娠・子育てサイトの運営やテレワーカー育成などを行うベビカム(東京都港区)と連携する。子育て中でも働ける場を提供するとともに、子育て中の母親同士のコミュニティー形成なども図る。

 市の2016年の合計特殊出生率は、1・33と県内14市でワースト2位。また市が15年に子育て世代の市民に行ったアンケートでは、半数近くが子育てと仕事の両立を求め、子どもの数の理想と現実のギャップも浮き彫りになったという。