映画「普通は走り出す」より(大田原愚豚舎提供)

渡辺監督(左)と音楽監督で弟の雄司さん

映画「普通は走り出す」より(大田原愚豚舎提供) 渡辺監督(左)と音楽監督で弟の雄司さん

 【大田原】市内を拠点に活動する映画製作集団「大田原愚豚舎(ぐとんしゃ)」の新作長編「普通は走り出す」が完成し、都内のイベントで上映されている。撮影は市内を中心に行われ、本人役の津久井富雄(つくいとみお)市長や多数の地域住民が出演、地域色あふれる喜劇映画に仕上がった。

 作品は、渡辺紘文(わたなべひろぶみ)監督(36)自身が主人公。スランプに陥った渡辺監督が、映画業界や社会への不満を口にしながら日々を送る。津久井市長に資金援助を依頼するもあえなく失敗するなど、ユーモアたっぷりに映画づくりの迷いや葛藤を描いた。