憲法改正への意欲を語る船田氏=4日夜、東京都内

 自民党の船田元(ふなだはじめ)衆院議員は4日夜、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開き、ライフワークの憲法問題に今後も精力的に取り組んでいく意欲を示した。

 あいさつで船田氏は、衆院憲法審査会の幹事を外れたことを念頭に「第一線からは退いたが、改憲への意欲は全く変わらない」と強調。改憲実現に向けては国民投票で過半数を得る高いハードルがあるとして「野党と協調しないと国民投票での否決もありえることを現場(与党幹事)に伝えていきたい」などと話した。

 外交実績などから安倍政権を評価する一方、党内では以前よりも発言しにくい雰囲気が漂うとして「党のため日本のためという気持ち」で今後も是々非々で発言していく考えを示した。終わりには「青臭い人間かもしれないが筋を曲げず、ぶれない政治家として力を尽くしたい」と述べた。