平成に関連する商品を集めた特設コーナー=11月下旬、宇都宮市今泉町

 来年4月30日の天皇陛下の退位、5月1日の新天皇即位に伴う改元が近づく中、皇室や平成に関連した商品に関心が高まっている。皇室カレンダーは好調な売れ行きを見せており、県内では品切れになっている店舗も。「例年購入していない人が買い求めている」と、販売店は注目の高さを実感している。平成にちなんだ商品を集めて特設コーナーを設けた店舗では、懐かしみながら商品を手に取る買い物客が目立っているという。

 陛下が当時皇太子だった時に疎開するなどしていた日光市本町の日光田母沢御用邸記念公園では9月から、皇室カレンダーを販売。11月20日時点で、卓上と壁掛けタイプが計約1千点売れており、前年同期比で130%の売り上げという。