福田富一(ふくだとみかず)知事は4日、県議会一般質問で、地球温暖化の影響による被害を軽減するための「地域気候変動適応計画」を策定することを明らかにした。時期は未定だが、国立環境研究所や近隣の各県などと情報共有を図りながら、計画策定に向けた検討を今後進めていく方針という。

 1日に施行された気候変動適応法では努力義務として、都道府県と市町村は地域の適応計画を作るよう求めている。福田知事は「気候変動の影響を評価しながら、食や暮らし、健康などへの被害を回避し、軽減を図る計画を策定していく」との考えを示した。