那須塩原市の東北自動車道で幅寄せなど執拗(しつよう)なあおり運転をしたとして、県警高速隊は3日、暴行の疑いで仙台市、運送業の男性役員(43)を書類送検した。県警が、あおり運転に同容疑を適用して摘発したのは今回が初めてという。

 送検容疑は7月31日午後7時15分ごろ、那須塩原市の東北道下り線で約1・7キロにわたり、宮城県大崎市、トラック運転手男性(44)の大型トラックに対し乗用車で幅寄せや割り込み、急ブレーキなどの行為を繰り返し、進路をふさいで走行車線に停車させた疑い。

 同隊によると、現場は片側2車線の直線。追い越し車線を走行中、左前方の大型トラックが車線変更した際に自車と接触したと勘違いし、腹を立てたという。調べに対し「トラックが逃げたので、止めようと思った」などと容疑を認めている。

 同隊は、無理な幅寄せなどを繰り返し悪質として、より罰則の重い暴行容疑を適用した。起訴を求める厳重処分の意見を付けたという。