「あなたが社会内で更生して再犯を防ぐことで、同じ症状に苦しむ人に勇気を与えられる」

 窃盗罪に問われた元マラソン日本代表の原裕美子(はらゆみこ)被告(36)は公判の最後に奥山雅哉(おくやままさや)裁判官から説諭されると、涙を拭った。閉廷後は深々と頭を下げ「ありがとうございました」と声を振り絞った。

 公判終了後、原被告は群馬県太田市役所で記者会見し「たくさんの人を裏切ることになった」と謝罪の言葉を口にした。