前日光牧場で収牧作業 昨年よりも大きく成長 鹿沼【動画】

前日光牧場で収牧作業 昨年よりも大きく成長 鹿沼【動画】

 【鹿沼】横根高原の前日光牧場で26日、夏前に放牧した牛を下山させる「収牧」が行われた。標高約1300メートルの牧草地で135日間過ごした牛たちは一回り大きくなった姿を見せ、組合員らによってトラックに載せられ移動した。

 市内の酪農家などでつくる前日光牧場管理組合が毎年放牧。今年は市内の酪農家5軒の乳牛12頭、和牛13頭を6月14日に放した。傾斜のある広い牧場で運動させて足腰を強くし、ストレスをなくすことが狙い。

 この日は、トラックに乗せる前に体重、胸囲、体高などを計測。体重は平均で47キロ、最高で乳牛が93キロ増えた。昨年の平均18キロ増と比べ良好に育った。

 横尾光広(よこおみつひろ)組合長(41)は「夏の天気のぐずつきが不安だったが全体的に体重が増えていて一安心。全頭、無事に帰ってきてほっとしている」と話した。