新会社設立について記者会見する関係者

 【佐野】市とJA佐野が出資し、スポーツ立市を進める新会社「さのスポーツキャピタル」を設立することが決まり、出資した市の岡部正英(おかべまさひで)市長や、同社代表に就任する市地域おこし協力隊員、川内健吾(かわうちけんご)さん(35)らが3日、市役所で記者会見した。新会社の社長には、地元の女子高生を公募することを明らかにした。

 新会社はスポーツ大会の誘致、情報サイトの運営、ポスターやグッズのデザインなどの事業を担う。これまで発行していたフリーペーパー「FACE」は、学校配布を検討し、広告協賛による収益化を目指す。川内さんは会見で「エッジの効いた冒険心あふれる取り組みをしていきたい」と意気込みを語った。

 また「地域を盛り上げるには女性のパワーが必要」として、市内在住または市内に通う高校1、2年の女子高生を対象に、代表権のない社長を公募することも発表。事業構想のプレゼンコンテストを実施し、優勝者が社長に就任する。12月中にも募集を始めるという。(問)市スポーツ立市推進課0283・20・3049。