連山よまた来年 登山期終え、日光二荒山神社で閉山祭

 【日光】男体山をはじめとした日光連山の登山シーズンに終わりを告げる閉山祭が25日、中宮祠の日光二荒山神社中宮祠で開かれ、神職の手で境内にある登拝門が閉ざされた。

 登山シーズンは例年、5月5日~10月25日。同神社によると、男体山を今季登った人は約3万6千人で、夏場の天候不順のため昨季より1千人減少した。一方、今年2回目の「山の日」やインバウンド(外国人誘客)のため、若い女性と外国人が増えたという。

 閉山祭には吉田健彦(よしだたけひこ)宮司ら神職と氏子などの地元関係者、男体山登拝講社員約90人が参列。拝殿での神事に続き、男体山の頂上へ続く登拝門を閉じる儀式を実施した。