群馬県太田市内のスーパーで菓子を万引したとして、窃盗の罪に問われた足利市出身、元マラソン日本代表の事務職員原裕美子被告(36)の判決公判が3日、前橋地裁太田支部で開かれ、奥山雅哉裁判官は懲役1年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。