起業家をサポート、28日にサロン開設 日光市

 【日光】市内での起業を考えている市民などが気軽に企業経営や創業ノウハウなどを学べる地域拠点「市起業・創業支援サロン」が28日、今市の中心市街地に開設される。サロンは起業家の支援を目的とした市の本年度主要事業の一つで、利用者はカフェを訪れる感覚で起業に関する知識を得られたり、情報を交換できたりする。市商工課は「地域全体で起業しやすい雰囲気をつくっていきたい」と話している。

 斎藤文夫(さいとうふみお)市長が23日、定例記者会見で明らかにした。サロン事業は、今年3月に市が策定した雇用創出や創業支援などを目的とする戦略「市しごとづくりアクションプラン」の一環として試験的に始める。起業家への手厚い支援で市内の事業者数などを増やし、地域経済の活性化などに結び付けることが狙いだ。