空手の世界大会に出場する吉田さん(左)と萬寳さん

 【足利】12月7~9日にブルガリア東部バルナで開かれる「KWU全世界青少年空手道選手権大会」(Kyokushin World Union主催)の組手部門に、山辺中2年吉田健太郎(よしだけんたろう)さん(13)=朝倉町=と佐野東高2年萬寳啓明(まんぼうひろあき)さん(17)=羽刈町=が出場する。今年開かれた所属団体の関東、東日本大会などで好成績を収めたことで、県内から2人が代表に選ばれた。「強い気持ちを持って優勝を目指す」と意気込んでいる。

 同大会は12~17歳の選手が性別・年齢別・体重別に、トーナメント方式で優勝を争う。例年約30カ国から500人以上が出場する。