冷え込みやすい危険スポット

苅尾七臣教授

冷え込みやすい危険スポット 苅尾七臣教授

 寒さで血管が収縮する冬は、血圧が上昇しやすく心臓に負担が掛かる。特に朝晩の冷え込みが厳しく寒暖差の大きい栃木県は、冬季死亡リスクが全国1位というデータもある。寒暖差による急激な血圧変動が引き起こす「ヒートショック」にならないために、日常生活でどんな点に注意すればいいのか。本格的な冬を前に、自治医大循環器内科学部門の苅尾七臣(かりおかずおみ)教授に聞いた。

 苅尾教授によると、特に危険な時間帯は起床後1時間。心筋梗塞などの急激な心疾患は朝に起きることが多いと指摘する。

 室温の理想は18度以上。最低でも12~13度以上を保ち、各部屋の温度差を5度未満にする。温かい寝具の中と暖房のついていない寝室との温度差は大きいため、寝具から出た時は血圧が上昇しやすい。

■1枚羽織って

 血圧を急上昇させないためには、温度を察知するセンサーである手のひらと足裏を冷やさないこと。起床後すぐに靴下を履き、上着を1枚羽織ることを習慣付ける。洗顔時に冷水を使うのも血圧上昇を招く。玄関先に新聞を取りに行く際も寒さ対策をする。

 室内で冷え込みやすい危険スポットは3カ所。トイレ、浴室、脱衣所だ。

 トイレの便座は温かくし、できれば小型ヒーターで室温を上げる。特に夜間は冷え込むのでしっかり着込んで行く。風呂場と脱衣所も入浴前に暖めておき、リビングなどとの温度差をできるだけ小さくする。

 便通を良くしておくことも重要だ。寒いトイレでいきむと、血圧が上昇して心臓に負担が掛かり心不全を起こしやすくなる。固い便にならないよう規則正しい生活、運動、水分補給をしっかりする。高齢者は便秘になりやすいため、ひどい時は薬で便をいい状態にしておく。

■血圧の把握を

 自分の血圧は普段から把握しておきたいが、中でも注意が必要なのが、苅尾教授が定義した気温によって血圧が大きく変動する「気温感受性高血圧」の人。

 正常な人でも冬場は最高血圧が8mmHgほど上昇するが、20mmHg以上上がる人は気温感受性高血圧の可能性がある。11月の段階で最高血圧が140mmHg以上の人は、今後寒さが厳しくなるにつれ、さらに上がる可能性が高い。最高血圧が160mmHg以上になったら医師に相談しよう。

 血圧を急上昇させる引き金となるのは寒さのほか運動、ストレス、喫煙、アルコール、高塩分、睡眠不足など。これらの悪い条件が重なると重大な心疾患を招く。血管壁が肥大してくる50歳ごろから、これらの条件が重ならないよう気を付ける必要がある。

 苅尾教授は「室内の温度差に注意するとともに、できれば毎朝血圧を測って自分の健康状態を知ってほしい」と呼び掛けている。