金田北中-小川中1回戦 後半28分、金田北中のFW塩沢(中央)のシュートを小川中のGK久保田(左)が阻止する=上三川中グラウンド

 第49回下野杯争奪県下中学生サッカー大会(県サッカー協会、下野新聞社主催)は1日、上三川中など5会場で開幕し、1回戦17試合を行った。県内各地の中学校とクラブチームを合わせた137チームが出場。23日の決勝まで延べ6日間のトーナメント戦を行い、県王者を決める。

 前回4強のともぞうSCは0-1でプログレッソ佐野FCに惜敗。栃木ウーヴァFCはPK戦の末、前回8強のFC朱雀に競り勝った。鬼怒中は9-2で東原・藤原中に大勝し、大内中は塩谷中をPK戦の末に退けた。

 大会第2日は2日午前9時半から、真岡中など16会場で2回戦56試合を行う。