魅力再発見へ遊園地など再現  栃木、太平山 11月5日に市民団体がイベント

 【栃木】太平山の魅力を再発見するイベント「太平山の頂へノボッテQ!」が11月5日、太平山で開催される。市内の市民団体「Teamとち介っ人」(坂本晴彦(さかもとはるひこ)代表
)が主催。かつて太平山に存在し、昔の子どもたちにとって思い出の場所でもあった遊園地を再現し、市内の子どもに遊んでもらうおうと初めて企画した。太平山の自然と歴史を体感できるスタンプラリーや、お笑い芸人のライブが楽しめるエリアなどを設けて盛り上げる。

 「太平山スタンプラリー」は、太平山の歴史に関する謎解きが用意されたスポットを7カ所回ってゴールを目指す。「ステージエリア」ではものまね芸人のお笑いライブ、「遊園地エリア」は鬼の的をボールなどで狙って当てるゲームや高さ8メートルのエアードーム「とち介ふわふわハウス」で3歳から大人まで遊べる内容となっている。

 ステージエリアは午後1~3時半、無料。遊園地エリアは午前10時半~午後3半で、遊具1回100円。スタンプラリーは午前10時~正午で先着50人(小学4年生以下は保護者同伴)、参加受け付けは25日まで。ラリーの申し込みは市観光振興課のファクス0282・21・2683。

 (問)坂本代表090・8022・0034。